【初心者向け】プログラミング言語の種類について

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちは、SaToShiです。

プログラミング言語には大きくわけて2種類あります。

今回はプログラミング言語の種類とその違いについてざっくり紹介していきます。

プログラミング言語の種類によって、出来ることや特化していることが異なるのであらかじめ言語ごとの役割を知っておくことで効率的に学習することができます。

フロントエンド言語

フロンドエンド言語とは、クライアント側のPC(普段私たちが使っているPC)で動くプログラミング言語のことです。

フロンドエンド(frontend)は、「前部(の)、前端(の)」という意味があります。この場合の前部とは、ユーザーの目に直接触れる部分を表します。つまりブラウザーで表示されるWebサイトの文章やデザインなどです。

フロントエンド言語では、webサイトに表示される文章を作成したり、サイトのデザインや動き(loadingアニメーションなど)をつくることができます。

フロンドエンド言語の例としては、HTML、CSSやJavaScriptなどがあります。

HTML

HTMLとはHyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略であり、Webサイトにおける文章をつくることができる言語です。

タグを用いて文章に意味付けを行ったり、文字色や文字太さなどの視覚的な効果を追加することができます。

CSS

CSSとはCascading Style Sheets (カスケーディング・スタイルシート)の略であり、Webサイトにおけるデザインをつくることができる言語です。

CSSのCであるカスケードは、「階段状に連続する滝」という意味があります(下記の画像参照)。

つまりCSSとは階段状に連続する滝のようにデザインを反映できる言語だということがイメージできます。

引用元:HTMLクイックリファレンス

JavaScript

JavaScriptはWebサイトに動きをつけることができる言語です。

JavaScriptをWebページに導入することで画像や文章を拡大縮小して見やすくしたり、入力フォームを設置するなどができるようになります。

ちなみに名前の似たプログラミング言語にJavaというものがありますが、JavaScriptとは別物です。

サーバーサイド言語

サーバーサイド言語とは、サーバー側のPCで動くプログラミング言語のことです。

サーバーサイド言語はバックエンド言語とも呼ばれています。バックエンドとは、「後部(の)、後端(の)」という意味があります。この場合の後部とはユーザーの目に直接見えない部分、つまりサーバーです。

サーバーサイド言語ではクライアントからwebページを通じて送られてきたデータ(リクエスト)を処理・実行したり、処理した結果をクライアントに送り返したり(レスポンス)することができます(例.①検索欄に入力→②検索ボタンをクリック→③検索結果の画面を表示する)。

サーバーサイド言語にはPHP、RubyやPythonなどがあります。

PHP

PHPはHTML言語の中に埋め込むことができるためホームページなどのWebサイトを作るのに特化した言語です。またMySQLなどのデータベースと連携がしやすくWebアプリケーションの開発にもよく使われます。

Ruby

Rubyは日本人が開発したプログラミング言語です。Rubyのフレームワーク「Ruby on Rails」を使うことでショッピングサイト、ブログサイト、アプリケーションサイトを作るのに特化した言語です。

Python

Pythonは統計学、解析、分析などに特化した言語です。人工知能、機械学習やIoTなど分野ででよく使われています。

まとめ

プログラミング言語をフロントエンド言語とサーバーサイド言語の2種類に分けて説明しました。

フロントエンド言語はクライアント側のPC(普段私たちが使っているPC)で動くプログラミング言語。一方、サーバーサイド言語はサーバー側のPCで動くプログラミング言語です。

フロントエンド言語の例としてHTML、CSS、JavaScriptを、サーバーサイド言語の例としてPHP、Ruby、Pythonを紹介しました。

この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。ではまたお会いしましょ!