キャプチャーボードGC550 PLUSの使い方(接続から録画まで)

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちは、SaToShiです。

突然ですが、ぼくはゲームするのが趣味です。

だから、好きなゲームを消費するのではなく動画コンテンツとして形に残したい!

ということでキャプチャーボードGC550 PLUSを買いました。

この記事ではキャプチャーボードGC550 PLUSの使い方について解説します。

キャプチャーボードの使い方

キャプチャーボードの接続方法から実際にPC画面に出力して録画するまでの方法を説明します。

自分が買ったキャプチャーボードはGC550 PLUSなので、これを例にして話します。

GC550 PLUSは外付け型キャプチャーボードなので誰でもかんたんに使うことができます。

ちなみにGC550 PLUSの仕様は下記の通りです。

キャプチャーボードの種類 外付け型
接続インターフェース USB3.1 Gen1 端子 (Type-C)
入力端子 HDMI2.1
出力端子 HDMI2.1
最大入出力解像度 4K 60fps
最大録画解像度 1920 x 1080 (60fps)
エンコード方式 ソフトウェアエンコード
対応OS windows10(64bit)

接続方法

キャプチャーボードの接続方法について説明します。

接続の完成図は下記のとおりです。

①最初にキャプチャーボードとPCを接続します。

あらかじめ付属していたUSBケーブルを使って接続します。

ケーブルのUSB3.1 type-A端子をPC側のUSBポート(端子の内側が青色)に

USB type-C端子をキャプチャーボード側に接続すれば完了です。

②次にキャプチャーボードとゲーム機を接続します。

付属していたHDMIケーブルでゲーム機とキャプチャーボードを接続します。

この時注意してもらいたいのが、キャプチャーボードにHDMIケーブルをOUTではなくてINの方に接続してください。

OUTの方は、パススルー機能を使うための端子です。

インストール

下記の項目のインストール手順を説明します。

  • キャプチャーボードを動かすためのドライバー
  • キャプチャーボードで取り込んだゲーム機の映像を録画するためのキャプチャーソフト

ドライバーのインストール

キャプチャーボードのメーカーサイトにアクセスして、ドライバーをインストールします。

①GC550 PLUSではAVerMediaにアクセスして、ドライバーをダウンロードします。

②ダウンロードしたドライバーのzipファイルを解凍する。

(解凍できない人は解凍ソフトを7-zipからダウンロード)

③解凍したフォルダ内のインストーラーを起動して、ドライバーをインストールする

キャプチャーソフトのインストール

キャプチャーソフトとは、映像(PC画面やゲーム画面など)を録画するためのソフトです

GC550 PLUSのメーカーは、キャプチャーソフトとして専用の「AVerMedia RECentral」をお勧めしていますので、「AVerMediaRECentral」のインストール手順を説明します。

ちなみに僕がよく使っているキャプチャーソフト「Badicam」でも問題なく録画できました。

(Bandicamのインストール方法についてはキャプチャーソフトBandicamの導入方法を参照)

AVerMedia RECentralにアクセスして、最新の「RECentral」をダウンロードします。

(本記事執筆時の2020-7-2では最新バージョンはRECentral 4)

②ダウンロードしたインストーラーを起動する。

③インストールウィザードが開くので指示にしたがって、「次へ」をクリックする。

④ソフトウェア利用規約書を読んで「次へ」をクリックする。

⑤「参照」をクリックするとインストール先フォルダをえらぶことができる。

えらんだら「次へ」をクリックする。

⑥インストールが完了するまで待つ。

⑦インストールが完了したので、「終了」をクリックしてインストーラーを閉じる。

なお「AVerMedia RECentral 4を実行」にチェックを入れて終了すると、

終了と同時に「RECentral」が起動する。

録画手順

録画手順について下記の項目に分けて説明します。

  • 録画設定
  • 録画
  • その他

録画設定

①さきほどインストールした「AVerMediaRECentral」を起動する。

初回に起動すると設定ウィザードが開くので、指示にしたがって録画設定をおこなう。

「録画」を選択して、「次へ」をクリックする。

②「キャプチャーデバイス/カメラ」と「マイクを選択」に使用するデバイスを選択する。

キャプチャーボードGC550 PLUSを使用する場合、「キャプチャーデバイス/カメラ」で

Live Gamer EXTREME2を選択する。

③録画設定を決める。

「最高」or「カスタム」を選択する。

「カスタム」を変更すると、「フォーマット」、「解像度」と「フレームレート」

を任意に設定できる。

(「フォーマット」、「解像度」、「フレームレート」についてよくわからない方は動画初心者のための専門用語解説を参照)

録画設定が決まったら「完成」をクリックする。

④録画設定情報(プロファイル)を確認する。問題なければ、「閉じる」をクリックする。

①-④の作業で録画設定は完了です。

設定のやり直しや操作ヘルプを参照するときはツールバーの右上のアイコンをクリックすることで確認できます。

録画

①ゲーム機を起動する。起動するとプレビュー画面にゲーム映像が出力される。

 本記事ではゲーム機としてswitchを使いました。

ちなみにswitchは充電状態でないとHDMI接続してもNo Signal状態で出力されないので

注意すること

②「REC」をクリックすると録画が開始される。

録画を終了する場合、再度「REC」をクリックする。

カメラマークをクリックすることでスナップショットを撮ることができる。

その他

・録画した動画は画面左側のフォルダマークをクリックして、

「ファイル管理/シェア」を開くことで確認できる。

・画面左側の歯車マークをクリックして、「設定」を開く。

「変更」をクリックすることで動画の保存先を変更できる。

まとめ

この記事ではキャプチャーボードGC500 PLUSの接続から録画までの全体的な流れを紹介しました。

①C550PLUS、PCとゲーム機の接続方法について

②GC550PLUSを動かすためのドライバーと録画するためのキャプチャーソフト「AVerMedia RECentral」のインストール方法について

③最後にインストールした「AVerMedia RECentral」を使ってゲーム映像の録画方法、録画したファイルの管理や保存先の変更方法

について説明しました。

この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。ではまたお会いしましょ!