【AfterEffects】動画ファイルをMP4形式で書き出す方法

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちは、サトシです。

After Effectsで作成した動画をyoutubeに投稿するため、MP4形式として出力する方法を紹介します。

動画形式でも紹介しているので、文章を読むのが苦手な方は動画をご覧ください!

動画準備中

出力方法

プロジェクトの設定

MP4出力したい動画のプロジェクトを開く。

上のツールバーから「ファイル」→「プロジェクトを開く」をクリックして

任意のaspファイルを選択する。

出力したい動画の時間範囲を指定する。

タイムラインパネル上のワークエリアを操作して出力したい時間範囲を指定する

ワークエリアの灰色部分をドラッグ&ドローすれば、ワークエリアの長さを変えずに、場所を変更することができます。

またワークエリアの青色部分をドラック&ドローすれば、ワークエリアの長さを変更することができます。

上のツールバーから「コンポジション」→「Adobe Media Encoderキューに追加」をクリックする。

出力の設定

Adobe Media Encoderが開くので、出力したい動画の出力設定をキューパネルで行う。

形式は「H.264」を選択する。ここでいう形式とはコーデックの形式のことである。

コーデックがわからない方は「動画初心者のための専門用語解説」を参照してください。

赤枠内の三角記号をクリックして、形式を展開する。

展開したリストの中から「H.264」を選択する。

プリセットを設定する。

赤枠内の三角記号をクリックして、プリセットを展開する。

展開したリストの中から「YouTube 〇〇」で最適なものを選択する。

出力ファイルをクリックすると、エクスプローラーが開く。

出力ファイルの保存先と出力ファイルの名前を決めて、「保存」をクリックする。

決まったら、キューパネルの右上側にある緑三角をクリックしてエンコードを開始する。

エンコード中はエンコードパネル内に下記のように表示される。

エンコードが無事終了すると、キューパネル内に下記のように表示される。

以上で動画をMP4形式で出力する方法を終わります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。ではまたお会いしましょう!