動画編集ソフトAviUtlの導入方法

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちは、SaToShiです。

5Gによって、高速大容量の通信が可能になり、今後ますます動画コンテンツの需要が増加すると思います。

そこで僕も動画コンテンツを作ってみたい!

この記事では、動画を作るために必要な動画編集ソフトAviUtlの導入方法と初期設定について紹介しています。

動画を作りたいけど何をしてよいかわからない人にとって参考になります。

AviUtlの導入方法

AviUtlとは?

AviUtlとは、フリーの動画編集ソフトです。

「KENくん」さんによって開発され、読み方は「エーブイアイ ユーティーエル」or「エーブイアイ ユーティル」。

拡張性が高く、プラグインを導入することによって様々な機能を追加することができます。

※プラグインについては後述

ダウンロード

下記にページにアクセスします。

AviUtlの部屋

アクセスすると、下図のような表があり、AviUtlをダウンロードできる。

赤枠で囲まれたところをクリックして「AviUtl〇〇.zip」をダウンロードする。

ダウンロードする際は、赤線部分の日付に着目してなるべく最新バージョンをダウンロードすること!

同じページ内に下図のような表があり、拡張編集Pluginをダウンロードできる。

赤枠で囲まれたところをクリックして「exedit○○.zip」をダウンロードします。

拡張編集プラグインは高度な編集を可能にする「タイムライン」と「設定ダイアログ」をAviUtlに追加することができます。

基本的にAviUtlといったら、AviUtlと拡張編集Pluginを合わせたセットのことを指します。

インストール

ダウンロードした「aviutl○○.zip」と「exedit○○.zip」を解凍する。

解凍するソフトがない、解凍の仕方がわからない方は下記を参照。

解凍ソフトのダウンロード先:7-zip

zipファイルの解凍の仕方:ITHOOK

①「aviutl○○.zip」の解凍

「aviutl○○.zip」を右クリックする。

下図のように「7-Zip」➡「”aviutl110\”に展開」をクリックする。

aviutl110フォルダが作成され、中に解凍されたデータが格納されている。

②「exedit○○.zip」の解凍

次に「exedit○○.zip」を右クリックする。

下図のように「7-Zip」➡「展開」をクリックする。

下記のようなウィンドが表示されるので、赤枠①のチェックを外す。

赤枠②をクリックし、先ほど作成したaviutl110フォルダを展開先にえらび、

「exedit○○.zip」を展開する。

③フォルダ構成の確認

①と②の手順で「aviutl○○.zip」と「exedit○○.zip」を展開したら、

下記のようなフォルダ構成になっていることを確認する。

確認が終われば、インストール完了です。

各プラグインの導入方法

プラグインとは?

プラグインとは、ソフトウェア(AviUtl)に機能を追加する小さなプログラムのことです。

プラグイン単体では、動作せずに本体となるソフトウェア(AviUtl)が必要になります。

プラグインを導入することによってAviUtlに様々な機能を追加することができます。

L-SMASH Worksの導入方法

L-SMASH Worksとは、様々な形式の動画や音声ファイルをAvuUtlで読み込むことができるようになるプラグインです。

AviUtl単体では、一般的な画像ファイル、wavファイルやaviファイルしか読み込めません。

しかし、L-SMASH Worksを導入することで、

ほぼすべての動画や音声ファイルを読み込むことができます。

①ダウンロード

下記のページからアクセスして、L-SMASH Worksを

ダウンロードします。

RePOPn

アクセスすると、下図のようなものがあります。

赤枠で囲まれたところをクリックして「L-SMASH Works ○○」をダウンロードする。

②インストール

ダウンロードした「L-SMASH_Works_〇〇_plugins.zip」を右クリックする。

下図のように「7-Zip」➡「”L-SMASH_Works_〇〇_plugins\”に展開」をクリックする。

L-SMASH_Works_〇〇_pluginsフォルダが作成され、中に解凍されたデータが格納されている。

フォルダ内から「lwcolor.auc」、「lwdumper.auf」、「lwinput.aui」と「lwmuxer.auf」を

AviUtlフォルダ内に作成したPluginsフォルダに移動させる。

移動させた後、下記のようなフォルダ構成になっていることを確認する。

確認が終われば、インストール完了です。

かんたんMP4出力

かんたんMP4出力とは、AviUtlでMP4の動画を出力できるようにするプラグインです。

AviUtl単体では、AVI形式の動画しか出力できません。

しかし、かんたんMP4を導入することで、

AVI形式以外にもMP4形式で動画を出力することができます。

①ダウンロード

下記のページからアクセスして、かんたんMP4出力を

ダウンロードします。

aoytskさんのブログ

アクセスすると、下図のようなものがあります。

赤枠で囲まれたところをクリックして「easymp4○○.zip」をダウンロードする。

②インストール

ダウンロードした「easymp4.zip」を右クリックする。

下図のように「7-Zip」➡「”easymp4\”に展開」をクリックする。

easymp4フォルダが作成され、中に解凍されたデータが格納されている。

フォルダ内から「easy.auo」を

AviUtlフォルダ内に作成しPluginsフォルダに移動させる。

移動させた後、下記のようなフォルダ構成になっていることを確認する。

確認が終われば、インストール完了です。

lanczos3

lanczos3とは、動画の解像度を変更することができるプラグインです。

①ダウンロード

下記のページからアクセスして、lanczos3

ダウンロードします。

AviUtlプラグイン

アクセスすると、下図のようなものがあります。

赤枠で囲まれたところをクリックして「lanczos3○○.lzh」をダウンロードする。

②インストール

ダウンロードした「lanczos3○○.lzh」を右クリックする。

下図のように「7-Zip」➡「”lanczos3○○.lzh\”に展開」をクリックする。

lanczos3○○フォルダが作成され、中に解凍されたデータが格納されている。

フォルダ内から「lanczos3.auf」を

AviUtlフォルダ内に作成しPluginsフォルダに移動させる。

移動させた後、下記のようなフォルダ構成になっていることを確認する。

確認が終われば、インストール完了です。

AviUtlの設定

AviUtlでは導入したプラグインの優先度や動画にかけるフィルタ順序の設定ができます。

プラグイン優先度やフィルタ順序が不適切だと、プラグイン機能を使えなかったり、フィルタが適用されない場合があります。

入力プラグインの優先度の設定

AviUtlフォルダ内の「AviUtl.exe」をダブルクリックして、AviUtlを開く。

ツールバーから「ファイル」→「環境設定」→「入力プラグイン優先度の設定」をクリックする。

「入力プラグインの優先度」が表示されるので、下図のような順序であることを確認する。

ビデオフィルタ順序の設定

ツールバーから「設定」→「フィルタ順序の設定」→「ビデオフィルタ順序の設定」をクリックする。

「フィルタの順序」が表示されるので、下図のような順序に変更する。