MAMPの導入方法

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちは、SaToShiです。

今回はサーバーサイド言語をローカル環境で開発することができる無料ソフトMAMPの導入方法について紹介します。

MAMPを導入することで、サーバーサイド言語の動きがわかるようになり、サーバーサイド言語の学習がより楽しいものになります。

MAMPの導入方法

MAMPとは

MAMPとは、サーバーサイド言語の開発環境を作ることができる無料ソフトです。

サーバーサイド言語がよくわからない方はこちらの記事を参照してください。

簡単に説明するとHTML、CSS、JavaScriptなどのフロンドエンド言語はテキストエディターとブラウザがあればローカル環境で開発することができます。

しかしサーバーサイド言語(Python、Ruby、PHPなど)は文字通りサーバー側で動く言語なので、クライアント側の環境では通常動かすことができません(といってもコマンドプロンプトで動作確認くらいはできます。)

サーバーとクライアントの違いについてはこちらを参照してください。

MAMPを導入することで、クライアント側のPC内(普段僕らが使っているPC内)に仮想webサーバーを作ることができ、ローカル環境でもサーバーサイド言語での開発ができるようになります。

ちなみにMAMPの名前の由来はMacintosh、Apache、MySQL、PHPの頭文字をとったものです。

Machintoshは、アップルが開発および販売を行っているパソコンで 通称はMac(マック)。名前から推測できる通り、MAMPはMacに特化していますが、Windosでも利用できます。Apachはwebサーバー用のソフトウェア、MySQLはデータベース管理システム、PHPはサーバーサイド言語の1種です。

ダウンロード

MAMPのダウンロードページにアクセスします。

使っているOSを確認して、MAMPをダウンロードする。

本記事ではOSにwindowsを使用しているのでwindows版のMAMPをダウンロードする。

インストール

ダウンロードした「MAMP_MAMP_PRO_〇.〇.〇.exe」を開く(〇には最新のバージョンが表記される)。

Setup Wizardが開くので、指示にしたがう。「Next」をクリックする。

MAMPにMAMP PRO(MAMP有料版)とApple Bonjour(機器設定用のプログラム)も一緒にインストールする場合はチェックをつけて、「Next」をクリックする。

無料版のMAMPのみを使用する場合、チェックを入れずに「Next」をクリックする。

ライセンス契約を読んで同意する場合、「I accept the agreement」にチェックを入れる。

チェックを入れたら、「Next」をクリックする。

MAMPのインストール場所を「Browse…」で指定する。

指定したら、「Next」をクリックする。

MAMPのショートカット作成場所を「Browse…」で指定する。

指定したら、「Next」をクリックする。

デスクトップアイコンを作成する場合、チェックを入れる。

「Next」をクリックする。

これまでの入力内容を確認した後、「Install」をクリックする。

インストールが完了するまで待つ。中断する場合は「Cancel」をクリックする。

インストールが完了したら、下記の画面が表示されるので「Finish」をクリックする。

この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。ではまたお会いしましょ!