【AviUtl】動画にテキスト(字幕)を入れる方法

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちは、SaToShiです。

今回はAviUtlで動画にテキスト(字幕)を入れる方法について解説します。

動画でも解説しています。文章を読むのが苦手な方はこちらを見てください!

準備中

テキスト(字幕)の追加方法

タイムラインの表示

テキストを追加するには、最初にタイムラインを表示させる必要があります。

初めにAviUtlを起動する。その後、「設定」→「拡張編集の設定」をクリックする。

すると下記のようにタイムラインが表示されます。

表示したタイムラインは複数のレイヤーで構成されている。

テキストの追加

タイムライン上の任意のレイヤーにテキストを追加する。

任意のレイヤー上で右クリックして「メディアオブジェクトの追加」→「テキスト」をクリックする。

テキストの追加できない場合

「メディアオブジェクトの追加」が表示されず、テキスト(字幕)が追加できない場合、プロジェクトが作成されていないことが原因です。

そのような場合、レイヤー上で右クリックして、

「新規プロジェクトの作成」をクリックする。

「画像サイズ」、「フレームレート」、「音声レート」を設定して「OK」をクリックする。

これでプロジェクトが作成されたので、再度右クリックして、「メディアオブジェクトの追加」→「テキスト」をクリックするとテキストを追加できる。

テキストの設定について

テキストの設定項目についておおまかに説明します。

テキストの設定方法について詳細を知りたい方は下記を参照してください。

テキストの詳細設定の方法について(準備中)

タイムライン上に追加したテキストオブジェクトをダブルクリックする。

すると下記のように設定ダイアログ画面が表示される。

テキストの入力

設定ダイアログの下空白部分に文字を入力する。

タイムラインの縦線をテキストオブジェクトに合わせると、入力した文字が字幕として本体ウィンドウに表示される。

テキストの位置変更

テキストの位置は自由に変更することができる。

タイムライン上のテキストオブジェクトを右クリックして選択状態にした後、

本体ウィンドウに表示されているテキストをドラッグすれば移動できる。

または設定ダイアログの「X」、「Y」の数値を変更することでもテキストの移動ができる

テキストの色変更

テキストの色を自由に変更することができる。

設定ダイアログの「文字色の設定」をクリックする。

「色の設定」ウィンドウが表示されるので、ウィンドウ左側で文字色を選択する。

選択したら、「OK」をクリックする。

テキストの色が先ほど選択した色に変更されている。

テキストのサイズ変更

設定ダイアログの「サイズ」の数値を変更すると、

テキストの大きさを自由に変えることができる。

「拡大率」の数値を変更することでもテキストの大きさを変えることができますが、画質が荒くなってしまうため、あまりおすすめしません。

タイムライン上での設定

タイムライン上でのテキストの設定に説明します。

タイムラインの使い方について詳細を知りたい方は「【AviUtl】タイムラインの使い方について」準備中を参照してください。

タイムライン上での位置の変更

テキストオブジェクトの端以外の場所(たとえば中心とか)をドラッグする。

するとテキストオブジェクトの位置を変更することができる。

位置を変更することで動画におけるテキストの表示タイミングを変更することができる。

タイムライン上での表示長さの変更

テキストオブジェクトの端までマウスカーソルを移動させる。マウスカーソルが両向き矢印(⇔)になったらドラッグする。

すると、テキストオブジェクトの長さを変更することができる。

長さを変更することで動画におけるテキストの表示時間を変更することができる。

(テキストオブジェクトが長ければ、動画におけるテキストの表示時間も長くなり、オブジェクトが短くなれば、テキストの表示時間も短くなる)

まとめ

①テキストの追加方法…タイムライン上にて右クリックして「メディアオブジェクトの追加」→「テキスト」

②テキストの入力…テキスト設定ダイアログの下空白部分に文字を入力

③テキストの位置変更…テキストオブジェクト選択状態してドラッグ。あるいは設定ダイアログの「X」,「Y」数値の変更

④テキストの色変更…設定ダイアログの「文字色の設定」から変更。

⑤テキストのサイズ変更…設定ダイアログの「サイズ」の数値を変更。

⑥テキストオブジェクトの位置変更…タイムライン上でテキストオブジェクトをドラッグ

⑦テキストオブジェクトの長さ変更…タイムライン上でのテキストオブジェクトの端をドラッグ

これにて終了です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。