動画初心者のための専門用語解説

SNSフォローボタン

フォローする

こんにちは、SaToShiです。

動画作成にむけて色々と勉強しています。

チュートリアルや解説記事を読んでいると、当たり前のように専門用語が使われています。

だいたい専門用語についての解説が省略されていることが多いので、自分なりに調べて本記事でまとめました。

自分と同じ動画を勉強している方が辞書がわりに本記事を利用して頂ければいいと思います。

解像度

解像度とは、ざっくりいうと画像を構成する格子の細かさです

また格子のことを画素やピクセルとも言います。

解像度が大きくなれば、画面を構成する格子の数も大きくなるので、きれいな画像になりますが、その分データ容量も大きくなってしまいます。

引用元:wikipedia-解像度

動画における解像度の表記方法は、横幅(格子数)×縦幅(格子数)で表現されます。

たとえばフルHDの解像度は1920 × 1080pxです。pxとは格子数の単位です。

なのでフルHDは横幅に1920個の格子数、縦幅に1080個の格子数を持っているので、合計約210万個の格子で画像を構成しています。

解像度の規格

解像度の規格には様々なものがあります。

解像度によって、映像のきれいさも変わります。

下記の動画では解像度の違いによって画質がどう異なるかをわかりやすく解説しています。

動画撮影の画質の違い SD, HD (720p), FHD (1080p), 4K ビデオグラファーが解説

以降は、代表的な解像度の規格を紹介します。

全ての解像度の規格を知りたい方はモニタ解像度 図解チャート&一覧を参照してください。

SD(720×480)

SDとは、Standerd Definitionの略で、標準解像度という意味です。

アナログテレビやDVDでよく使われている規格です。

小さい画面では、SD画質でも問題ありませんが、タブレットやPCモニターなどの大きい画面になると、粗さが目立ちます。

HD(1280×720)

HDとは、High Definitionの略で、高解像度という意味です。

規格名はHDなのですが、なぜかハイビジョン(High Vision)とよく呼ばれています。

地上デジタル放送以降のテレビやゲーム機などでよく使われている規格です。

FHD(1920×1080)

FHDとは、Full High Definitionの略で、直訳するとフル高解像度という意味です。

FHDもよくフルHDやフルハイビジョンと呼ばれています。

UHD(3840×2160)

UHDとは、Ultra High Definitionの略で、直訳するとウルトラ高解像度という意味です。

UHDはウルトラHD、ウルトラハイビジョンや4Kと呼ばれています。

4K(ヨンケイ)と呼ばれている由来は、Kが1000を示すSI接頭辞(キロ)で、横幅が3840pxで約4000pxだからです。

SHV(7680×4320)

SHVとは、Super High Visionの略です。

ここにきて、呼び方の方が規格に反映されてこれまでHDだったのが、HVになりました。

SHVはスーパーハイビジョンや8Kと呼ばれています。

8K(ヨンケイ)と呼ばれている由来は、横幅7680pxが約8000pxだからです。

余談ですが、個人的にはスーパーよりもウルトラの方が格上な感じなんですけど

皆さんどうですかね?

(遊戯王カードの影響かな?スーパーレアよりもウルトラレアの方がレアリティがたかいから)

フレームレート

フレームレートとは、ざっくりいうと1秒間の動画コマ数です。

動画とは、パラパラ漫画みたいなもので、たくさんの静止画を切り替えることで動いてるように見せています。

基本的にフレームレートが高いほど動画も滑らかに動きますが、

高すぎると動画の再生に時間がかかってしまったり、動画編集するのが大変になったりします。

下記にフレームレートの違いによる動画の見え方について紹介します。

fps(コマ数)の違いによる見え方の違い

フレームレートの単位

フレームとは動画を構成する静止画(1コマ)レートとは速度という意味で、1秒間にどれくらいのフレーム枚数を切り替えることができるかを表しています。

なのでフレームレートの単位はfps(flame per second)で、1秒間の動画を何枚の静止画で構成しているかを示しています。

たとえば30fpsだと、1秒間の動画を30枚分の静止画で構成しています。

フレームレートの規格

よく使われるフレームレートの規格をドロップレートとノンドロップフレームの2つに分類して説明します。

ドロップレートとノンドロップレートについては、各項目で説明します。

ドロップフレームとノンドロップフレームのざっくりとしたイメージはつぎの動画で紹介しています。

ビデオ講座 ドロップフレームのイメージ

ドロップフレーム(DF)

ドロップフレームとは、決まった規則に基づいて、フレームをスキップさせる方式です。

この方式は日本のテレビ規格が採用しているNTSC方式と互換性を持たせるための方式です。

NTST方式とはかんたんに説明すると、モノクロ放送からカラー放送への移るタイミングで開発された方式です。

くわしくは「59.94iモード」についてを参照してください。

カメラやスマホなどで撮影する動画はほとんどがこのドロップフレーム形式を採用しています。

ドロップレートの種類

  • 59.94fps
  • 29.97fps
  • 23.976fps

ノンドロップフレーム(NDF)

ノンドロップフレームとは、フレームをスキップさせないで、そのまま撮る方式です。

カメラを複数台で撮影する場合、カメラ同士の設定をノンドロップフレームにしておかないと

マルチ編集をした場合、音ズレなどが発生してしまうので注意が必要です。

ノンドロップレートの種類

  • 60fps
  • 30fps
  • 24fps

描写方式

動画の描写方式には2種類あり、プログレッシブとインターレースがあります。

描写方式はよく解像度とセットで表記されていることが多いです。

たとえば「1080i」や「720p」という感じです。

1080や720は画面サイズの縦幅(ピクセル数)を示しており、

「i」はインターレース、「p」はプログレッシブの頭文字になります。

プログレッシブとインターレースの描写の大まかなイメージは次の動画で紹介します。

プログレッシブとインターレース(改訂版)

インターレース

インターレースとは、走査線を上から下まで順に交互に(1本ずつ飛ばしながら)引いていき、フレームを描写する方式です。

1枚のフレームを構成するのに2コマ必要になるので、1コマの情報量は少なくなりますが(約50%)、コマ数が増えるので、動きが滑らかなります。

たとえば30fpsの動画(1秒が30フレームでできている動画)をインターレース方式で再生すれば、

コマ数が2倍になり60コマになるのでその分、動きが滑らかになります。

ちなみにインターレース方式によるフレームの構成要素をフィールドとよびます。

フィールドの名称はそれぞれトップフィールドとボトムフィールドです。

プログレッシブ

プログレッシブとは、走査線を上から下まで順にひいていき、フレームを描写する方法です。

インターレースと比較すると、1コマの情報量が多いので(約2倍)高精細にみえますが、動きがカクつきます。

kプログレッシブの方がインターレースより画質がよい。

それはプログレッシブの方が1フレームの情報量が多いから。

インターレースは1フレームを2つに分割して2倍のコマ数に見せるので動きをなめらかにみせることができますが、画質がおちます。

プログレッシブは動きがカクつきますが、画質はいいです。

ビットレート

ビットレートとは、ざっくりいうと1秒間に送受信できるデータ量のことを示しています。

動画においては、動画1秒間に詰め込んだデータ量のことを示しています。

基本的にビットレートが高いほど動画の質(画質と音質)も高くなりますが、

高すぎると動画の再生に時間がかかってしまったり、動画編集するのが大変になったりします。

ビットレートの単位

ビットとはデータの最小単位(0or1)レートとは速度という意味で、1秒間にどれくらい送受信できるかを表しています。

なのでビットレートの単位はbps(bite per second)で、1秒間に何bite送受信できるかを示しています

理系の方だと(bite/s)という単位表記の方が理解しやすいと思います。

たとえば8bpsだと8bit/sということなので、1秒間に8ビット分のデータを送受信できるということを表しています。

ビットレートの種類

後述しますが動画とは「映像」と「音声」で構成されています。

なので動画におけるビットレートも「映像」と「音声」の2種類があります。

「映像」のビットレートを高くすれば、画質を良くすることができ、

「音声」のビットレートを高くすれば、音質を良くすることができます。

「映像」のビットレートと「音声」のビットレートを足し合わせたものを総ビットレートorオーバルビットレートと言います。

総ビットレートが分かれば、動画の容量を計算することができます。

たとえば10秒の動画があり、総ビットレートが6400bpsだったら(映像のビットレートが6000bps,音声のビットレートも400bpsとして)、動画全体の容量は

6,400[bit/s]x10[s]=64,000[bit]

1[byte]=8[bite]なので

64,000[bit]÷8[bite/byte]=8,000[byte]

なので見慣れた表記に直すと、8000[B]→8[KB]になります。

動画形式

動画形式とは、動画ファイルを保存する形式のことを指します。

動画は「映像」と「音声」のふたつで出来ており、それらを同時に再生することで動画として扱っています。

これら「映像」と「音声」のふたつを格納するイメージで、動画形式はコンテナとも言われています。

コンテナの種類

  • AVI
  • MP4
  • MOV
  • MPEG2-TS
  • MPEG2-PS
  • MKV
  • WMV
  • FLV
  • ASF
  • VOB
  • WebM
  • OGM

コーデック

動画とは、パラパラ漫画のように静止画を高速に切り替えて動いているように見せています。

なのでそのままの状態では、動画を構成する静止画の枚数分の容量を持つ動画になってしまいます。

たとえばたった10秒の動画でも、30fpsで1枚の静止画の容量が約100KBだったら、

10[s]x30[枚/s]=300[枚]

300[枚]x100[KB/枚]=30000[KB]=30[MB]

短い動画でもすごい容量の動画になってしまいます。

そこで動画にコーデックを使う必要があります。

コーデックとは、wikiによるとつぎのとおりです。

コーデック (Codec) は、符号化方式を使ってデータのエンコード(符号化)とデコード(復号)を双方向にできる装置やソフトウェアなどのこと。

コーデックには、データ圧縮機能を使ってデータを圧縮・伸張するソフトウェアや、音声や動画などのデータを別の形式に変換する装置およびソフトウェアが含まれる。

引用元:wikipedia-コーデック

つまりコーデックを使えば、容量の大きい動画を圧縮することができます。

ちなみにコーデックで動画を圧縮することをエンコードといいます。

エンコード → 「encode」 →「 en + code」

enは「~にする」という接頭辞、codeは「符号」という名詞なので、encodeは「符号化する」つまり圧縮するという意味になります。

※ 例 enjoy (喜ぶ)→ 「 en(~にする) + joy(喜び)」

コーデックの種類

動画を圧縮するコーデックには、様々な種類があります。

これらのコーデックを可逆と非可逆の二つに分類して、説明します。

可逆コーデック

可逆とは、元に戻すことができるという意味です。

なので可逆コーデックとは、圧縮した動画を圧縮する前の元の動画に戻すことができるコーデックです。

可逆コーデックの種類

  • HuffYUV
  • Ut Video
  • Lagarith
  • MLC
  • AMV2, 3, 4

非可逆コーデック

非可逆とは、元に戻すことができないという意味です。

なので非可逆コーデックとは、圧縮した動画を圧縮する前の元の動画に戻すことができないコーデックです。

正確には元に戻すことはできるのですが、劣化してしまいます。

非可逆コーデックの種類

  • AOMedia Video 1
  • H.264/MPEG-4 AVC
  • Xvid
  • DivX
  • VP9
  • Motion JPEG
  • DV
  • MPEG-1
  • MPEG-2
  • MPEG-4
  • H.265/HEVC
  • WMV9

まとめ

この記事では動画初心者向けの動画用語について紹介しました。

・解像度とは、画像を構成する格子の細かさです。

画像のきれいさを決定するパラメーターです

・フレームレートとは、1秒間の動画コマ数を示しています。

動画はパラパラ漫画のような静止画を早く切り替えることで動いてるように見せています。

・ビットレートは動画1秒間に詰め込んだデータ量を示しています。

・動画形式とは、動画は映像と音声で構成されていることを説明しました。

・コーデックとは、動画を圧縮するためのソフトウェアである

この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。ではまたお会いしましょ!